【ルテインサプリメントランキング】目にいいサプリ最新情報2019令和版

ルテインサプリメントランキング

 

ここでは現在「目の諸症状を手軽に緩和できる」と人気の「ルテインサプリ」について最新情報をお知らせしています。

ルテインサプリランキングから、どのような症状に効果的なのか、このページで「ルテインサプリの全て」がわかるようになっています。

まずは目次やルテインサプリランキングからチェックしてみてください。

 

【ルテインサプリメントランキング】2019年“令和”最新版

第1位「めなり」さくらの森

「めなり」ルテイン配合量No.1!誰もが選ぶそのワケとは
めなりがルテインサプリランキングに登場
⇒「めなり」公式サイトはこちら

めなりを選んだ方の多くはこんな目の諸症状にお悩み。

・ドライアイ
・老眼
・飛蚊症
・緑内障
・白内障
などなど

めなり」を利用した人の多くは“リピーター”になっているので実感力の強さを感じますね。

それもそのはず、めなりは目のサプリ業界でNo.1を誇るルテインの配合量の多さに加え、ルテインだけでは補えない面を他の成分で強力サポート!
「比較的、目の症状がおさまるのが早い」と人気のルテインサプリメントです。

 

「めなり」商品詳細情報

通常価格3,980円
定期初回割引907円
定期継続回数いつでも解約可(10日前連絡)
返金保証15日間安心返金保証あり
内容量1袋60粒入り
飲み方水やぬるま湯で飲みます。1日2粒から6粒。
特典初回送料無料
2回目以降も25%OFF

第2位「なごみアイ」ステラ漢方

「なごみアイ」スタッフが本気で開発したルテインサプリ!
和アイがルテインサプリランキングに登場
⇒「なごみアイ」公式サイトはこちら

なごみアイは様々な目の諸症状にお悩みの方にむけてステラ漢方のスタッフさんが本気で開発したルテインサプリです。

例えば…
・パソコンの作業がつらい
・年のせいで視界がぼやける
・乾いた感じがして治らない
・いろいろな目薬をしても良くならない
などなど

人それぞれに目の悩みというのは尽きないんですよね。
その点「なごみアイ」であれば、“ルテインをしっかり効果的にするための黄金比率”を実現した成分の配合。

これがあれば今までのどの「アイケア」よりも手軽で本格的に改善できそうですね。

 

「なごみアイ」商品詳細情報

通常価格4,980円
定期初回割引1,980円980円
定期継続回数いつでも解約可(10日前連絡)
返金保証30日間100日間(!)安心返金保証あり
内容量1袋60粒入り
飲み方水やぬるま湯などの飲み物と一緒に飲みます。1日2粒から4粒。
特典2回目以降も20%OFF

第3位「えんきん」ファンケル

CМ絶賛放映中!「機能性表示食品」のルテインサプリ!
えんきんがルテインサプリランキングに登場

⇒目の機能性表示食品「えんきん」公式サイトはこちら

 

信頼の「ファンケル」がお届け!
安心の高ブランドルテインサプリ。

  • 機能性表示食品なので、科学的根拠に基づいて、「ピント調節機能をサポート」
  • 目の使用による肩、首筋への負担を和らげてくれる。
  • 定期購入ではなくお試し2週間分。プラスもう2週間分!

 

コマーシャルでも有名な目にいいサプリ「えんきん」。
選ばれる理由は「ファンケル」という安心のブランドと「機能性表示食品」という関係機関にしっかり認められたサプリだから。

今だけ「ネット通販限定」で定期購入ではなく、1,000円ポッキリでお試しが可能です。

 

「えんきん」商品詳細情報

初回割引1,000円(税込)※2週間分+2週間分
飲み方水やぬるま湯などの飲み物と一緒に飲みます。1日2粒。
特典返品・交換 無期限保証
特記事項機能性表示食品

 

ルテインサプリのランキングは月ごとの「売上数」の集計結果と口コミやレビューなどブログ、Facebook、Twitter、インスタグラムなどのSNS上の投稿数などを元にした「人気度、注目度、使用度」から算出しています。

ルテインサプリランキングのデータは月内で変動があった場合に更新しており、常に最新のランキング結果となっています。

眼の諸症状にお悩みの方はこのランキングで「コスパが良い上に効果を実感しやすい」ルテインサプリでスッキリした視界を体感してみてください。

 

↑ルテインサプリメントランキングに戻る↑


 

「目にいい!サプリ」ルテインと各症状に合わせた成分

眼の諸症状に効果的なサプリメントの成分

眼精疲労や老眼、緑内障などでお悩みの場合にネットで検索してみるとたどり着く成分、それが「ルテイン」です。

ルテインはカロテノイド(カロチノイド)と呼ばれる自然界の黄色や赤色の「色素」の総称です。

 

「カロテノイド?」となると思いますが、聞きなじみのあるものでは「β-カロテン」や「カプサイシン」などもカロテノイドの一種です。
(β-カロテン自体には夜間の視力をサポートする働きがあります。)

 

カロテノイドの種類は600を超えるものですが、大きく分類するとアルコールに溶けやすい「カロテン類」とアルコールに溶けにくい「キサントフィル類」に分けられます。

このカロテノイドは乳房、子宮頸部、目の組織である網膜など人体には欠かせない成分ですが…

 

ルテイン(カロテノイド)は体内で作り出すことができません。
そのため、目の不調などを感じた場合には意識して摂取するのが重要です。

 

眼精疲労(目の疲れ)

眼精疲労に有効な成分

現代人はスマホやパソコンなどの「目を酷使した作業」が多いため、眼精疲労になりやすい環境にあります。

目の痛みやかゆみ、まぶしさや充血など「目」だけで感じる違和感から肩こり、腰痛など体の他の部位にも派生してしまう上、目の病いの初期症状ともいえるのが「眼精疲労」です。

 

⇒眼精疲労に必要な成分

■ルテイン

ルテインはヒトの目の「水晶体」に存在する成分。
これを補うことで紫外線やパソコン、スマホから発せられる「ブルーライト」を吸収して目を守る作用があります。

これがルテインが別名「天然のサングラス」と呼ばれる理由になっています。

生活習慣(タバコ、飲酒、食生活の欧米化など)でルテインは自然と減っていく上、ヒトの体内では作り出せないので、意識して補っていくことが重要です。

 

■ゼアキサンチン

ルテインと同様の作用をもつゼアキサンチンも有害な光から目を守るだけでなく、抗酸化作用があるので酸化による「視神経細胞」の不調を防ぎます。

 

■アントシアニン

視力維持にも重要な「ロドプシン」は光の刺激を脳に伝達する役割があります。

しかし光によって「ロドプシン」は徐々に減ってしまうため補う必要があります。

「アントシアニン」はロドプシンの再合成を促してくれるので、眼精疲労時には有用な成分の一つです。

また網膜の血流促進の効果もある上、血中のコレステロールを下げる働きもあるので疲れ目で低下している細胞を活性化してくれます。

 

■アスタキサンチン

アスタキサンチンは目の「ピント調節機能」を正常化してくれる働きがあります。

眼精疲労を感じた場合に視界がぼやけたり、見にくかったりしている場合には疲れ目に効果のあるアスタキサンチンが必要です。

 

↑ルテインサプリメントランキングに戻る↑


 

飛蚊症、黄斑変性症

飛蚊症と黄斑変性症の対策成分

飛蚊症は視界の中に糸クズや虫のようなものが見える状態のことを言います。

 

「生理的飛蚊症」
胎児の時に本来時間とともに消えるはずの「硝子体の組織」が残ってしまう場合に発生します。
気になってしまうと思いますが、病気ではなく、軽度なものなので悪化させないようにすることが大切です。

生理的な飛蚊症の原因は他にもあり、ストレスや加齢などで起こる場合があります。
また近年では「老化による飛蚊症」の原因である網膜と硝子体との剥離が若年層にも見られます。

これはパソコンやスマホでの目の酷使が原因と言われています。

 

「老化による飛蚊症」
硝子体の剥離による飛蚊症。
通常しっかりとくっついている硝子体と網膜が剥離して影のように見えるのが老化による飛蚊症です。

見える数の変動があったり、輪っかのように見えたりと不安になることもあると思いますが、適切な対策により軽減できる可能性があります。

 

「病的飛蚊症」
網膜剥離や眼底出血でおこある飛蚊症です。
この場合は早めにクリニックを受診することが必要です。

 

※飛蚊症は黄斑変性症の「前段階」とも言われています。
少しでも飛蚊症の疑いがある場合は早めの対策が必要です。

 

関連記事 「飛蚊症の治し方」サプリ?目薬?飛蚊症改善方法の全て

【飛蚊症の治し方】サプリ?目薬?今一番選ばれているのがコレ!
【飛蚊症の治し方】ここではNGな方法からOKな対処法まで飛蚊症の様々な対処法をご紹介。現在サプリメントでの対処が人気なので、成分についてもしっかり解説しています。飛蚊症はいろんな方法の治し方があるので、自分に合った方法を選びましょう。

 

 

「黄斑変性症」

50代くらいから見るものがゆがんだり、視界の中心が黒ずんだりする症状が「黄斑変性症」です。

原因は目の網膜の中心にある「黄斑」の部分が老化により機能が低下することで起こります。

 

「萎縮型」と「滲出型」の2つのタイプに分けられ、「滲出型」の場合、目に大切な栄養をつなぐ「網膜色素上皮細胞」が老化し新生血管が発生。
新生血管は弱いので網膜色素細胞の機能自体をこわしてしまいます。

この出血により視力が奪われ、最悪の場合失明にいたる場合もあります。

 

「萎縮型」の黄斑変性症は「乾燥型」とも呼ばれ加齢により黄斑部、網膜が変色することで起こります。

動脈硬化などにより血流が低下するのが主な原因と考えられています。

 

⇒飛蚊症、黄斑変性症に必要な成分

■ルテイン

筆者が「黄斑変性症」「加齢黄斑変性症」に関して調べていくとアメリカで大規模に行われた「加齢性眼疾患研究」とその追跡調査の結果がわかりました。

眼に対しての影響補給をまったくしていない人と、亜鉛や各ビタミン、カロテノイドなどの「抗酸化作用のあるサプリメント」を摂取した人達とでは、黄斑変性が発症しにくいということがわかっています。

また黄斑変性症が発症していても、サプリメントを摂取することで進行を遅らせることが可能です。

同様の記述は「日本眼科学会」のホームページからも確認できます。

 

加齢黄斑変性になっていない人にも勧められますが、一方の目に加齢黄斑変性が発症した人にはサプリメントの内服が強く勧められます。

加齢黄斑変性:日本眼科学会

 

このように目のルテイン不足による弊害はそのまま眼病へとつながります。
人体で生成することができない「ルテイン」は医師もすすめる「眼病予防につながる成分」という根拠があります。

 

↑ルテインサプリメントランキングに戻る↑


 

緑内障、白内障

緑内障と白内障の違いと必要な成分

まず「緑内障」と「白内障」の違いですが、白内障の場合、目の中の「水晶体」(レンズの役割)が濁ることで起こります。
こちらは対策により視力回復が望めます。

 

緑内障の場合は「視神経の障害」が原因のため、発病以前に戻らないというのが通説です。

緑内障は「眼圧の上昇など」によって視神経に障害がでる眼病です。

40代を過ぎたあたりから緑内障の疑いがある人数は増える傾向にあります。

 

白内障は目の水晶体が濁る事が原因で起こります。
この「濁り」の原因はたんぱく質です。

加齢やストレス、水晶体への紫外線(太陽光、ブルーライト)などにより酸化することでたんぱく質がかたまりとなり、ものが見えにくくなるのが原因です。

わかりやすい例で言うと、タンパク源として有名「卵白」。
通常は透明ですが、熱を通すことで白く濁ります。
こちらと同じ状態になってしまうことが白内障で見えにくくなる理由です。

 

⇒緑内障、白内障に必要な成分

■ルテイン

加齢や様々なストレスにより体が酸化してしまうのを防ぐ働きがあるのが「ルテイン」です。

また太陽からの紫外線やパソコンやスマホからの有害なブルーライトを吸収してくれるので目の健康維持のためには必要不可欠な成分です。

 

■アントシアニン

眼科の「緑内障患者への指導」として点眼薬と「アントシアニンの摂取」をすすめられる場合があります。

アントシアニンは網膜、視神経、毛様体の血流をうながしてくれる働きがある上、眼圧を低く保てる効果が期待できます。

 

↑ルテインサプリメントランキングに戻る↑


 

老眼

老眼は緩和できる成分がある

老眼の原因は加齢により「水晶体」と「目の筋肉」が衰えてしまうことで起こります。

水晶体はレンズの役割をしているのでカメラ同様に「ピント調節機能」という「ものを見るため」の重要な器官です。

40代ごろから水晶体の機能が低下しやすくなり、その水晶体を支える「毛様体筋」という筋肉も衰えてしまうために「見えにくくなる」状態になります。

 

「スマホ老眼」
近年増えてきているのが若年層の「スマホ老眼」です。
症状はスマホやポータブルゲーム機などの小さな文字を長時間見た後で、まわりの風景を見ようとした場合にすぐにピントが合わず「ピンぼけ」した状態になります。

一時的なものの場合が多いですが、「老眼」そのものを早めてしまったり、ドライアイや他の眼病をまねく場合もあるので、注意が必要です。

 

⇒老眼に必要な成分

■アントシアニン

現在では「ビルベリー」から抽出される「アントシアニン」が目のピント調整機能とコントラスト(色の濃淡)の感度をサポートする成分として有名です。

老眼だけに限らず目の疲労感があり、「ものが見えづらくなった」状態を軽減するのに役立てられています。


 

眼精疲労など、その他の眼病予防にはルテインをはじめ、アントシアニン、ゼアキサンチン、アスタキサンチンなどと各ビタミンをバランスよく摂取することが大切です。

 

※実は目の症状に良い成分は全て
「ルテインサプリメントランキング」の商品に配合されています。

 

眼科での受診の際にもルテインサプリはすすめられることがあるので、眼科受診とルテインサプリの併用が一番おすすめです。
(予防のためであれば、まずはサプリからお試しください。)

 

↑ルテインサプリメントランキングに戻る↑


 

もっと知りたい!ルテインの全て

ルテインとは

ルテインの原料はマリーゴールド

ルテイン」が目にいい!ということは記事の前半でおわかりいただけたかと思いますが、ここからは「もっと深くルテインを知るための知識」を身につけていきます。

 

目の違和感や不調がある前は特に気になっていなかった「ルテイン」だと思いますが、実は身近な存在で、体にはなくてはならないものだけど、自分の体で作ることができないというもどかしい存在。

深く知っていくことで「ルテインサプリメント」の重要性にお気づきいただけるでしょう。

「ルテイン」というのは動植物から抽出できる「カロテノイド(※1)」の一種です。

※1:カロテノイド(カロチノイド、carotenoid)緑黄色野菜に含まれる「天然色素」の一種。
天然色素と聞くと「色付け」のイメージがありますが、カロテノイドの場合は紫外線に対抗するなどの物質として「役割のある色素」です。

 

カロテノイドは大きく分けて「カロテン類」、「キサントフィル類」の2つがあり…と説明されてもわかりにくいですが、例えば「カロテン類」はβ-カロチン(にんじん、パセリなど)に含まれており、「キサントフィル類」は青汁の元になるケールや、ほうれんそう、ブロッコリーなどに含まれています。

現代社会では若者や老人に限らず、パソコンやスマホ、テレビなど自然と「目を酷使してしまう」環境にあります。

ルテインは眼球の水晶体や黄斑部(おうはんぶ)、皮膚や乳房、大腸などに存在している成分です。

そのため、ルテインがサポートする健康面の恩恵は様々な体の部位へとつながります。
これは「ファイトケミカル(※2)」と呼ばれ、目にいいサプリ以外にも健康補助食品に多く採用されています。

 

※2:ファイトケミカル:野菜や果物、海藻などから発見された「化学物質」。化学物質と言っても石油由来の成分ではなく、あくまでも「自然界からの恩恵」である安心安全な成分のことです。
抗酸化力や免疫力アップなど用量を守って摂取することで健康面をサポートしてくれるのがファイトケミカルです。
身近なところでは緑茶に含まれる「カテキン」や大豆の「フラボノイド」、赤ワインの「ポリフェノール」もファイトケミカルの一つです。

 


ポイント!「ルテインとは」おさらい

今一度おさらいですが、
※ルテインを含む「カロテノイド」は人間の体の中で作ることができません!

ほうれん草やブロッコリーなどからもルテインをとることは可能ですが、野菜の場合油料理にしてルテインを取り込みやすくしたり、数多く食べないといけなかったりと実際に継続して摂取し続けていくのには大変になってしまいます。

その点ルテインサプリメントであれば、油を使わずに体内に取り込みやすいルテインを効率よく摂取できるので、目の諸症状にお困りの多くの方に選ばれています。

 

↑ルテインサプリメントランキングに戻る↑


 

「フリー体ルテイン」と「合成ルテイン」の違い

フリー体ルテインと合成ルテインの違い
ルテインと言っても大きくわけて3種類あります。

一つはマリーゴールドなどの植物から抽出される
「フリー体ルテイン」です。

フリー体ルテインは人間の体の中(目や乳房など)に存在するルテインと同じ形に生成されているので、ルテインサプリメントで摂取した後は形を変えることなく吸収されます。

当サイトの「ルテインサプリランキング」で紹介している商品は
「FloraGLO(フローラグロー)」という信頼できる特許製法によるルテインが配合されています。

参考:「天然素材FloraGLOルテイン」
FloraGLORルテインはケミン・ヘルスの特許製法により、マリーゴールドの花から抽出・精製・結晶化した天然素材で、人間の身体に存在するルテインと同一のものです。
http://www.keminjapan.co.jp/health/flora-glo/

 

「合成ルテイン」
合成ルテインは石油由来の素材で作られたルテインのため「副作用」が確認されています。
ただ日本国内的に見てみると合成ルテインを使用したサプリメントは少ないように感じます。そのため、アメリカなどの海外輸入品で安価なルテインサプリメントなどには注意が必要です。

 

「ルテインエステル」
フリー体ルテインであれば体内に取り込みやすいのですが「ルテインエステル」の場合は「フリー体ルテイン」と「脂肪酸」が結合しているので体内に吸収されにくいため、「ルテイン30mg配合!」と表記されていても実際に吸収されるルテイン量は少ないというのが難点です。

ほうれん草やブロッコリーなどの野菜からルテインを摂取しようとした場合、このルテインエステルになるので吸収率としては多くありませんが、脂溶性のため、油を使用した料理として食することで吸収されやすくなります。


 

ポイント!「フリー体ルテイン」のサプリメントであれば体内で吸収しやすくなっています。
当サイトのルテインサプリメントランキングで紹介しているアイテムは吸収率が高い、もしくは吸収を補いながら他の成分でもサポートする優れた商品です。
わざわざ「油料理」を食べた後でサプリメントを飲もうとしなくても問題ないのでご安心ください。
この点を踏まえて次から紹介する「ルテインサプリメント」の販売店情報を見ていただくと、より「ルテインサプリの選び方」がおわかりいただけると思います。

 

↑ルテインサプリメントランキングに戻る↑


 

通販でお得にゲットする方法

ルテインサプリメントの通販は公式サイトが良い理由

「ルテインサプリメント」が自分の目の症状(飛蚊症、緑内障、眼精疲労などなど)に良いということが分かった場合、(筆者を含めてですが)同じような「申込みまでの流れ」をたどることになるかもしれません。

 

1. 例)眼精疲労の改善方法をネット検索などで調べる。

↓↓  ↓↓  ↓↓

2. 目の諸症状には「ルテイン」が重要だということを知る。
⇒※同時にルテインが体内で作り出すことができない成分だということも確認。

↓↓  ↓↓  ↓↓

3. ルテインの補い方として野菜だけではなく「サプリメント」が有効。

↓↓  ↓↓  ↓↓

4. 楽天やAmazonで「ルテインサプリメント」を検索。
⇒「楽天ポイント10倍!」とか「楽天スーパーセール」などの条件で選んだりします。
またAmazonの場合はプライム会員になっていたりすると「ネット通販はできるだけAmazonで」って方も少なくないでしょう。

↓↓  ↓↓  ↓↓

※このいつもの流れでルテインサプリメントを申込みしてしまうと失敗してしまう可能性大です。

あなたの場合はこの時点で当サイトをご確認いただいているので、「ステップ5」に進むことができます。

↓↓  ↓↓  ↓↓

5. ルテインサプリメントランキングで自分に合いそうなアイテムを吟味。
⇒判断基準が「価格」「ルテイン含有量」「申込みプラン」「パッケージデザイン」など様々だと思いますが、当サイトのルテインサプリメントはいずれも筆者が体験済みの「ちゃんと目の改善を実感できる」ものばかり。どれを選んでいただいてもOKです。

↓↓  ↓↓  ↓↓

6. ルテインサプリメントの摂取を習慣化して目の諸症状を改善する。

↓↓  ↓↓  ↓↓

7. 今まで気になっていた目の症状が改善するので、目の前が開けた良い人生に!!!

 

少しおおげさかもしれませんが、目の症状が気になっていると視界がショボついたり、気分的にも気持ちの良いものではないので、実際に改善していくと「精神衛生上」にも良いと思います。

次から楽天、Amazonではなく、なぜ「ルテインサプリメント」を販売している「メーカー公式サイト」がお得なのか説明していきます。

 

↑ルテインサプリメントランキングに戻る↑


 

楽天やAmazonよりもお得に求める方法。

Amazonや楽天よりお得に申込する方法

薬局ドラッグストアなどでも市販されているルテインサプリメントですが、価格面や利便性から楽天Amazonなどのインターネット通販サイトで購入する方も多いようです。

 

特にルテインサプリメントは、薬局やドラッグストアでは市販されていない、通販限定商品も多く存在するため、より良い商品を比較して購入したいという方にとっては、インターネット通販の利用は欠かせないでしょう。

また、同じ商品でもより安く購入するために、楽天やAmazonなどの大手ショッピングサイトを必ずチェックする、という方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、購入するルテインサプリの価格を比較する際、是非チェックしてほしいのがメーカー公式サイトの価格です。

 

メーカー公式サイトというと「定価販売」のイメージがありますが、多くのルテインサプリは、楽天やAmazonよりもメーカー公式サイトのほうが安く購入できるのです。

特にインターネット通販限定のルテインサプリであれば、メーカー公式サイトの価格は是非チェックしてみてください。

食事でルテインを摂取しようとすることと同様、サプリメントでルテインを摂取する場合も日々の継続が必要不可欠です。

継続するために気になるのが、価格、コストパフォーマンスです。

 

楽天やAmazonではほとんどの場合が単品販売かつ飲みきってしまう前に都度注文しなければならないのに対し、メーカー公式サイトでは、キャンペーンや定期購入を利用して割引価格で購入し続けることができ、さらに毎回の注文の手間がかからないというとてもお得で便利な購入方法を選択できます。

また、メーカー公式サイトならではの返金保証などのサービスも充実しており、ルテインサプリを初めて飲むという方も安心して購入できるサポート体制が整っています。

なにより、商品を販売するメーカー公式サイトで購入するという安心感があります。

サイトには商品の詳細はもちろん、ルテインやその他含まれる成分がどのように眼に働きかけるのかという情報、実際にそのルテインサプリを使用している方の口コミが掲載されていたりと、気になる情報を詳しく知ることができるので、納得して商品を購入することができます。

価格面でもサービス面でも、ルテインサプリはメーカー公式サイトを必ずチェックしてみてください。

↑ルテインサプリメントランキングに戻る↑

 

それでも普段使い慣れてるドラッグストアや楽天、Amazonが気になる人への追加情報

実際に楽天で「ルテインサプリメント」検索してみた。

楽天市場でのルテインサプリ検索キーワード入力

ルテインサプリメントの楽天の検索結果

楽天市場での検索結果は複数のアイテムが表示されるため「目移り」してしまかもしれません。またポイント10倍!や送料無料などの「条件」での判断や価格の安さ、含有量の多さなどで安易に選んでしまいがちです。

良質なルテインを希望する場合には当サイトのルテインサプリメントランキングをご参照ください。

注意!:「フリー体ルテイン」「合成ルテイン」かわかる成分表が明記されていない商品が多数あります。

 

Amazonでもルテインサプリメントを検索してみた。

Amazonでのルテインサプリメント検索キーワード入力

Amazonでのルテインサプリメント検索結果

Amazonの場合は楽天と比べて比較的安いルテインサプリメントが表示されています。

筆者も市販品からネット通販の安価なルテインサプリメントを試していますが、ここで注意点。

※注意:安いルテインサプリメントには安い理由があります。

ルテインの質や原産国などを確認していくと、明記されていないサプリや吸収されにくい「ルテインエステル」である場合があります。

 

薬局やドラッグストアも調査してみた。

ここでは実店舗としてかまえている薬局やドラッグストアを調査した結果をお知らせします。

結論:薬局やドラッグストアでは安いルテインサプリメントのみの取扱い。

「ブルーベリー味」などで数百円程度のルテインサプリの取扱いはありましたが、本来の目的である「目の諸症状に効果の期待ができる」サプリメントとなると難しいのではないでしょうか。

他ドラッグストアのネットショップでも「ルテインサプリメント」を検索してみました。

 

マツモトキヨシ(ドラッグストア)でのルテインサプリメント検索結果

 

ウエルシア(ドラッグストア)でのルテインサプリメント検索結果

ドラッグストアとしては規模の大きいマツモトキヨシやウエルシアのオンラインストアを調査しましたが、ネット通販の場合、送料が商品の値段をはるかに超えてしまうためか、取り扱い自体がありませんでした。

 

↑ルテインサプリメントランキングに戻る↑


 

なぜ今「大注目」?!ルテインサプリの人気の秘密

ルテインサプリ人気の秘密とは

生活にも大きな影響がでる「眼」に関する様々な症状の改善に、どのような対策をしていますか。

ブルーベリーなど目に良いとされる食物をとっている、目薬を使用している・・・様々な対策・改善方法が言われていますが、もっと効率よく眼の諸症状を改善できるとして「ルテインサプリ」が注目されています。

ルテインサプリとはどのようなものなのでしょうか?

眼について気になりだしたばかり・・・という方には耳馴染みのないサプリメントかもしれません。

しかし、眼の諸症状に悩む方々にとってはとても有名なサプリメント。

気になる諸症状の改善や、病期の進行を止めることに繋がったという声も多く、愛飲者を増やしているサプリです。

まず、サプリ名にもある「ルテイン」とは、可愛らしい花を咲かせるマリーゴールドの花弁に含まれるカロテノイドの一種です。

植物由来の成分なので安心して摂取できるのもポイントです。

 

このルテインは、アンチエイジング効果も高いとして注目の成分ですが、実は眼にも良い成分であるということがわかっています。

 

紫外線やパソコン・スマートフォンの画面などから発せられるブルーライトによる「眼にダメージを与える光」から、眼を保護するという働きががあり、現代人が悩む眼の諸症状改善に摂取したい成分として挙がるようになりました。

特に、パソコン作業で眼を酷使する方や、運動不足気味の方、加齢などによって眼球疲労に悩む方に効果が期待できる成分です。

眼がしょぼしょぼしやすい、夜道の運転など暗い時間帯になると視界がぼんやりして不安になる・・・このような眼の諸症状の改善のため、ルテインの摂取が良いと言われています。

 

先述の通りマリーゴールドに多く含まれているこのルテインは、マリーゴールドのハーブティーなどでも摂取することができますが、定期的かつ簡単に摂取するにはサプリメントがおすすめです。

後述しますが、眼の諸症状の改善にはルテインの他にも摂取したい成分があるため、それらをバランスよく効率的に摂取するためにもサプリメントが支持されているのです。

必要な量の成分を安定的に補給できるサプリメントは、手軽で忙しい方にも利用しやすく、「眼の諸症状改善にはルテインサプリ」が定着しつつあるのです。

↑ルテインサプリランキングに戻る↑


 

ルテインだけではダメ?!成分から見た本当の選び方とは

ルテインサプリの成分

ルテインサプリの成分に注目します。

先述の通り「ルテイン」が主成分として含まれる他に、アントシアニンゼアキサンチンアスタキサンチン微量元素などが含まれています。

アントシアニンは、眼が受ける紫外線のダメージを防ぐ働きがあり、ブルーベリーにも含まれている成分です。

多くのルテインサプリでは、ブルーベリーの数倍のアントシアニンが含まれている「ビルベリー」という果実を使用してこのアントシアニンを抽出しています。

日本では馴染みのない名前の果実ですが、アントシアニンを効率よく摂取するために重宝されている果実です。

ゼアキサンチンは、ルテインの構造異性体でありながらも、体内で活動する際、その活動場所と働きが異なります。

ルテインとともにゼアキサンチンをバランス良く摂取することでより効果的に症状を改善することができるのです。

 

ルテイン:ゼアキサンチン=5:1で摂取することが理想的と言われており、多くのルテインサプリはこの理想的な比率で成分が配合されています。

 

ルテインだけの摂取ではその効果を十分に得ることができない為、バランスよく必要な成分を取り入れることができるサプリメントが支持されているのです。

アスタキサンチンは、美容液にも利用されている「若々しい体を保つ」成分として、広く利用されています。

アスタキサンチンの持つ抗酸化作用は、疲れ目などの改善にも効果が期待でき、アントシアニン同様紫外線によるダメージ、パソコンやスマートフォンの画面から発せられるブルーライトによるダメージにも有効と言われています。

この成分は人間の体内で生成されることがないため、外から取り入れる事が必要とされる成分です。

食事によっても取り入れることが可能ですが、一日の必要量をカバーするためには、食事内容や量をかなり気にしなければなりません。

食事での不足を補うためにも、サプリメントを利用して効率的に成分を摂取すると良いでしょう。

このように、ルテインサプリには、ルテイン以外にも眼の諸症状を改善するために必要とされる成分が補助的に追加されています。

さらに、サプリメントによっては独自の研究により、配合された成分の効果をより高める成分をプラスしたりと、開発に余念がありません。

 

例えば、ルテインサプリ「めなり」には、クロセチンと呼ばれるルテインの効果をパワーアップさせる成分が追加されています。

ルテインをはじめ、先に紹介した成分もバランスよく含まれているので、しっかり効果を実感したいという方におすすめのサプリメントです。

↑ルテインサプリメントランキングに戻る↑


 

ブルーベリー?ビルベリー?どっちが良い?

ブルーベリーとビルベリーのルテインとの関係

眼に良い食べ物としてよく挙がるのがブルーベリーです。

もちろんこれは正解なのですが、現在はビルベリーというブルーベリーと比較してさらに有効成分の含有率が高い食べ物が注目されています。

ビルベリーは、見た目はブルーベリーと同じ青色から紫色をした果実です。

ブルーベリーとの違いは、果実が小ぶりで且つ柔らかいため、果実のかたちを保ったまま収穫・販売を行うことが難しいという点にあります。

ブルーベリーは果実で購入し摂取することができますが、ビルベリーは果実を見かけるのは稀で、原産地である北欧の一時期のみで販売されることがある程度で、原産地以外で果実を見かけることはほとんど無いようです。

日本でビルベリーの効果を得たいという場合は、ほぼ全てがジュースやジャム、サプリメントと言った加工されたものからの摂取になります。

 

先述の通り、目に良いとされる成分アントシアニンが、ブルーベリーの数倍含まれており、これは成分が持つ抗酸化作用の効果が高いということにもつながります。

 

ヨーロッパでは医薬品の成分としても認可・使用されており、眼精疲労などの症状だけではなく、眼病(白内障・緑内障など)の予防や進行を遅らせたり止めたりする効果があると考えられています。

ビルベリーにも様々あり、特許取得ビルベリーエキスは、通常のビルベリーエキスよりも吸収率が200%を超えるほど大きな違いが出たという結果がでています。

また、アントシアニンという成分は非常に酸化しやすく、体の中に吸収される前に効果を失ってしまうことも少なくありません。

しかし、特許取得ビルベリーエキスは、時間経過によっても効果が安定しており、効率よく有効成分を摂取することができます。

この特許取得ビルベリーエキスを使用しているルテインサプリ「めなり」は、眼の諸症状改善に有効とされる成分がきちんと体内に取り込めるという点でも魅力的なサプリです。

↑ルテインサプリメントランキングに戻る↑


 

ルテインの「効果」を最大限に発揮する方法

ルテインサプリの効果

眼の諸症状改善に効果が期待できるというルテインですが、実はこれだけを重点的に摂取してもルテインの効果を十分に得られません。

 

ビタミンなど様々な栄養成分がそうであるように、ルテインもまた、他の成分と一緒に摂取することでより効果を発揮します。

ルテインだけを摂取するのであれば、原料であるマリーゴールドのハーブティーなどでも摂取できるのですが、これが眼に良いとされる働きをするためには、アントシアニンやアスタキサンチンなどの成分が必要になります。

そこで、眼の諸症状を改善するという目的に特化したルテインサプリは、ルテインの効果を十分に取り入れることができるように、他の成分もバランスよく配合されているのです。

目の網膜にある黄斑部に存在するルテインは、紫外線など眼にダメージを与える光から眼を守ってくれる重要な働きをしています。

しかし、このルテインは年齢を重ねるとともに減少してしまうにも関わらず、体内で作り出すことができません。

その為、食事による体外からの摂取が必要不可欠となります。

緑黄色野菜にも豊富に含まれているルテインですが、先に紹介したとおりマリーゴールドの花弁に混じりけのないルテインが豊富に含まれているため、ルテインサプリなどルテインを摂取する目的で使用される原料には、多くがマリーゴールドを使用しています。

ルテインで眼を守る力を高めるとともに、眼の見る力を高めるために必要なのがアントシアニンです。

眼の諸症状を改善するためには、守るだけでなく目の機能を高める事も欠かせません。

眼が見にくいと感じるのは、網膜にあるロドプシンと呼ばれるタンパク質が大きく関係しています。

このロドプシンは、外から入ってきた情報を電気信号に変換し、脳に「見える」と感じさせる重要な役割を担っており、このロドプシンが減少することによって「見づらい」という症状が起こります。

ロドプシンは電気信号を発する際に分解されますが、再合成されることによって、再び新しい情報を受け取ることができるようになります。

しかし、パソコンやスマートフォンを長時間使用したり、年齢を重ねることによって、この再合成が行われにくくなってしまいます。

再合成が行われないことにより情報を伝えられるロドプシンが減少してしまい、「見づらい」と感じるようになるのです。

アントシアニンはこのロドプシンの再合成を助ける働きをするため、見る力を高めることにつながります。

そして、目の症状として気になる「ピント」。

 

眼精疲労や老眼にもつながる症状であり、眼だけでなく肩こりや頭痛など眼以外の箇所にも不調をきたすことがあるため、非常に厄介な症状です。

逆に言えば、肩こりや頭痛などが眼精疲労のサインであると言えますし、眼精疲労を改善することによって肩こりや頭痛が治るということもあります。

このピントに関する症状を改善してくれる成分として挙がるのがアスタキサンチンです。

細胞の老化現象として昨今言われている「酸化」は、もちろん眼の細胞にも起こるもので、眼の諸症状を引き起こす原因として大きく関わっています。

美容にも良いとされる「抗酸化作用」が高いアスタキサンチンは、目の粘膜などにも存在している成分で、目にできてしまった活性酸素を取り除いてくれる働きがあると言われています。

鮭やエビなど赤い色の魚介類に多く含まれていますが、一日に必要とされるアスタキサンチンを摂取しようとするとかなりの量を食べなければなりません。

魚介類は価格も安定せずコスト的にも毎日の摂取は現実的ではないため、サプリで摂取するほうが遥かに効率的です。

このように、眼の諸症状の改善という点から必要とされる栄養成分を考えると、ルテインだけではなく、目の力を高めるための様々な成分を一緒に摂取するほうが効果が高いと言えます。

ルテインサプリはこれらの栄養素をバランスよく配合し、一日に必要とされる成分をしっかりと摂取できるため、効果的に改善を試みたいという方に支持されているのです。

↑ルテインサプリメントランキングに戻る↑


 

口コミからわかる本当の評判!

実感した人のルテインサプリ口コミ
すでにルテインサプリを活用している方々の口コミを集めました。

 

30代:女性
「飲みはじめて早い段階で違いを感じました。

特に暗いところでの見え方が良くなっているように思います。

今までぼんやりとしていて不安だった視界が、クリアに感じます。

飲むだけでこんなに変わるとは思っていなかったので驚きました。」


40代:男性

「転職によってパソコンを使う頻度が増え、目の疲れを感じるように。

目薬が苦手だったので、なにか良い方法がないかと探して出会ったのがルテインサプリでした。

飲み始めてからひと月ほど経ちましたが、当初のような目の疲れを殆ど感じなくなっています!」


50代:男性

「通勤に車を使用しており、暗い帰り道の運転の視界がぼやけて不安を感じるようになりました。

ルテインサプリを飲み始めてからはそのような不安から解消され、更に目の疲れもあまり感じなくなり気分も良くなりました。

これからも続けていきます。」


 

30代:女性

「ルテインだけじゃだめだと知ってから、眼に良い成分がしっかりと配合されているルテインサプリを探し、乗り換えました。

たしかに、視界がクリアになったことを実感できています。

はじめからちゃんと調べて、よいルテインサプリを選ぶべきでした。」


60代:男性

「寝起きにぼんやりとしていた視界がクリアになって、ルテインサプリを飲みはじめてよかったなぁ・・・と実感しています。

眼精疲労回復の目的で飲み始めましたが、自分では実感していなかっただけでだいぶ視界がぼんやりしていたようです。

クリアな世界はとても気分が良いです。


 

口コミは30代から60代の方が多く、飲み始めたきっかけも様々です。

しかし、ルテインとともに摂取すると良いと言われる成分をしっかりと配合したルテインサプリは、飲み続けることによってその効果を実感できるという口コミが大多数でした。

おすすめのルテインサプリや人気のルテインサプリは、やはりルテインだけではなく他の成分も一緒に摂取できるタイプに集中しています。

ルテインとその他の成分を別々のサプリで摂取している方も、ひとつで済むならコスト的にもお得!と乗り換えているようです。

 

症状がひとそれぞれであるように、効果を実感するまでの使用期間は数日という方もいれば2・3ヶ月飲み続けたという方もおり、人によって異なるようです。

サプリメントですから、風邪薬で風邪を治すような即効性には期待せず、必要な栄養成分を日々補給することで徐々に改善していくもの・・・と考えてまずは始めてみました、という声もありました。

ルテインサプリには良い口コミが多いので、2chなどを検索して悪い口コミを探してみましたが、同じように考えて検索される方が多いのか、ルテインサプリを検索する際、2chというキーワードが挙がります。

悪い口コミが多いというわけではなく、悪い口コミはないのか?と探す方が多いために挙がるもので、ルテインサプリの口コミや評価とはあまり関係がないようです。

眼の諸症状改善を望んでいる方は多く、ルテインサプリの効果に期待して購入を考えている方が多いようです。

↑ルテインサプリメントランキングに戻る↑


 

効果的な飲み方

摂取量と飲み方

いくら眼に良いからといって、過剰摂取をしたら、効果を得られるどころか逆に良くない状態になってしまうことがあります。

ルテインサプリを飲む際は、飲むタイミングや一日の摂取量を必ず確認しましょう。

薬同様にまずは用法用量を確認し、正しい服用をすることが症状改善の一番の早道です。

ルテインサプリの中でも人気があった「めなり」は、1日2粒で1日に必要な成分をすべて摂取することができるという記載があります。

早く効果を実感したいと言う方でも1日6粒を上限とするよう推奨されているので、これを守って服用すると良いでしょう。

 

ルテインの一日あたりの推奨摂取量は6mgと言われており、この量を摂取し続けることによってきちんと症状に改善が見られたという報告があります。

 

ルテインの過剰摂取によって何らかの副作用を起こすということはほとんどありませんが、石油を原料とした合成ルテインは稀に眼のかゆみや胸焼けなどの症状が起こる可能性があるようです。

これは、マリーゴールドなど天然のルテインを使用したルテインサプリを選ぶことでよりリスクは軽減されます。

ルテインサプリの過剰摂取が良くないと言われるのは、ルテインサプリに含まれるルテイン以外の栄養素が関係しています。

ビルベリーエキスこそ摂取上限は特にありませんが、例えばβカロテンは一日の摂取上限が3000μgであるなど、過剰摂取に注意すべき栄養素が多数存在します。

このような栄養素がサプリメントに含まれている場合、過剰摂取によって体に不調をきたすことがあるため、サプリが推奨する摂取量を遵守することが大切です。

↑ルテインサプリメントランキングに戻る↑


 

飛蚊症、白内障、緑内障にも?!ルテインの実力

白内障、緑内障、飛蚊症などの緩和に

眼の諸症状の改善に効果を発揮するルテインサプリですが、実際にどのような症状に効果が期待できるのでしょうか。

実際にルテインサプリを使用している方の中には、飛蚊症白内障緑内障の改善に繋がったという方もいらっしゃいます。

どれも目の病気として気になるものばかり・・・これがサプリで軽減されたのであれば、是非試してみようという方も多いのではないでしょうか。

これらの症状の原因や、ルテインサプリがもたらす効果を順に紹介します。

 

・飛蚊症(ひぶんしょう)

飛蚊症は名前の通り、視界に蚊のような黒い虫が飛んでいるように見えることを言います。

見える黒い虫の大きさ・かたち・動きは人それぞれで、若い世代でも起こりうる症状です。

網膜剥離によって引き起こされることがある症状ですが、これにかからずとも生理的な原因によって起こる場合があります。

生理的な原因の飛蚊症は、2つの原因が考えられています。

ひとつは、眼の中を満たす硝子体という物質の一部が変化し、シワのようなものができ、それが影となって網膜に映り込み黒い虫のように見えることです。

もうひとつは、年齢を重ねることによって硝子体が萎縮し、網膜から離れてしまうことによって黒い虫のように見えることです。

先に挙げた網膜剥離によって引き起こされた飛蚊症であれば、早急に眼科での治療が必要になります。

 

しかし、生理的な原因の飛蚊症については、目の健康を守り回復を助けるルテインサプリが有効に働き、予防や改善に役立ちます。

 

網膜剥離か生理的な原因かで、飛蚊症の改善対策が異なりますが、自分でどちらが原因かを判断することは困難です。

飛蚊症を自覚したら、まず眼科医でその原因を検査し、原因に合わせた対策・治療を行いましょう。


 

・白内障

目の水晶体が白く濁り、徐々に見づらくなってくるのが白内障です。

眼の老化現象とも言われるように、年齢を重ねるとともに症状を発症します。

特別な病気のように見られることも多いのですが、80代になるとほぼ全ての方に発症すると言われているものですから、可能な限り予防対策を行っておきたいものです。

 

白内障の原因である「水晶体が白く濁る」のは、活性酸素が原因です。

紫外線やパソコンやスマートフォンの画面などから発せられるブルーライトによって、水晶体は酸化してしまいます。

若いうちは、体内の抗酸化物質が過剰な酸化を防いでくれますが、年齢を重ねるに連れこの抗酸化物質が減少し、水晶体の酸化を防ぐことが難しくなってしまいます。

先述の通り、ルテインサプリに含まれる成分は、紫外線やブルーライトから目を守り、抗酸化物質を増やす働きをしてくれるため、白内障予防に有効であると注目されているのです。


・緑内障

日本国内での失明原因として1位に挙げられる病気が緑内障です。

緑内障は、眼球内で血液の代わりとして働く「房水」の量が増え、眼圧が高くなり、視神経を潰してしまうことによって起こる「視野が欠損する・狭くなる」病気です。

 

進行すると失明に至ることがあるため早急な治療が必要になります。

 

しかし、ほとんどの場合が本人に自覚のないまま進行するため、気づいたときにはすでに回復困難な最終段階に突入しているということも珍しくありません。

視野の欠損を自覚したときはもちろん、健康診断などで症状の疑いを告げられた場合は、なるべく早く眼科を受診し、症状の進行を防ぐ必要があります。

現時点では、房水がなぜ異常を起こすのかは完全に解明されていません。

ただ、一つの可能性として、眼球内の活性酸素が組織を酸化させることによって起こる代謝の異常が挙げられています。

ルテインサプリを使用することで、この酸化現象を防ぐことができるのは先述のとおりです。

つまり、緑内障の予防においても、ルテインサプリの効果が期待できるのです。

緑内障ですでに障害が起こってしまった視神経に関しての回復はできませんが、進行を防ぐという点において、ルテインサプリが有効と言われています。

そのほか、加齢黄斑変性老眼など、眼球の組織の酸化が原因と言われる眼の諸症状には、ルテインサプリの抗酸化作用が症状改善に効果を発揮します。

このような諸症状の自覚のきっかけとして挙がる眼精疲労も、ルテインサプリによって改善されるという方が多いようです。

見えにくい・ぼやける・疲れる、と言った目に関する感覚的な不調は、飛蚊症や白内障・緑内障と行った病気のサインかもしれません。

これらを予防するためにも、そして病期の進行を防いだり止めたりするためにも、ルテインサプリは非常に心強いサポートサプリメントと言えます。

↑ルテインサプリメントランキングに戻る↑


 

 

まとめ<ルテインサプリで眼の諸症状を予防・改善>

ルテインサプリまとめ

ルテインサプリには、ルテインをはじめとした眼の諸症状を改善するための成分が、効果的に配合されています。

日常生活において、眼が果たす役割は非常に大きく、眼の不調や病気は出来る限り予防・改善したいものです。

しかし、仕事などによって眼を酷使することが避けられない状況であったり、眼に良いことをしたいと思ってもすぐに生活習慣や食事内容を変更することが難しい、という方も多いのではないでしょうか。

実際、「眼に良いことをしたい」と考えてはいるものの、具体的に何をすれば良いのかわからない、という方がほとんどです。

目に異常を感じたらまず早めの眼科受診をおすすめしますが、よほど重篤な病気でなければ大きな治療を必要としないケースも多く存在します。

ただ、目に感じる不調をそのまま放置してしまったら、悪化する一方です。

日々の生活はもちろん、加齢によって徐々に健康を保つことが難しくなった眼に、意識的に必要な成分を補給してあげることで、若い頃・健康である状態の眼を維持できるようになります。

様々な病気と同様、不調を感じないうちからしっかりと予防を考え実行することはとても良いことです。

まずはルテインサプリを使用して必要な成分を取り入れ、あわせて、これを必要としなくなるような生活習慣や食事内容へと整えていくのも良いでしょう。

ルテインを初めとする目の諸症状を改善するための成分は、体内で生成できないものが多く、食事やサプリメントからの摂取が欠かせません。

効果的に必要な成分を取り入れ、眼の不調に悩まないすっきりとした毎日を目指しましょう。

↑ルテインサプリメントランキングに戻る↑

 

【ルテインサプリメントランキング】目にいいサプリ最新情報2019令和版
【ルテインサプリメントランキング】眼精疲労や黄斑変性、緑内障などの目の諸症状でお悩みの場合は早めにルテイン配合のサプリメントでケアすることが大切です。口コミからわかるルテインサプリの効果やルテインサプリをお得に申込みする方法までルテインサプリの全てがわかる特集記事です。

 

 

 

■記事データ : 著者 / メン子 : カテゴリ / ルテインサプリ : 記事コメント評価 / 4.8 : 記事投稿コメント評価累計 / 2195

タイトルとURLをコピーしました