野菜不足は健康にも美容にも悪影響!手軽に野菜不足を補うには?

野菜不足原因と解消法

 

毎日の食事に野菜は不足していませんか?

主食やメインの添え物としてのイメージが強い野菜ですが、ビタミンやミネラルをはじめ、体が必要とする栄養素が豊富な食材が野菜です。

しかし、現代は食の欧米化が進み、外食が多い方などはどうしても野菜不足になりがち。
また、一人暮らしの方や適量販売がされていないと冷蔵庫で腐らせてしまうので購入しない・・・そんな方も多いのではないでしょうか。

だからといって野菜の摂取が少ないと、疲れやすくなったり、時には体の不調・病気を引き起こす原因にもなってしまいます。

バランスの良い食生活のために、効率的に野菜不足を補うには?
現代人と野菜不足について考えます。

Check! 「ステラの贅沢青汁」筆者おすすめ!野菜不足解消サプリ

【ステラの贅沢青汁】口コミでわかる実力!楽天よりお得な販売店公開!
【ステラの贅沢青汁】タブレット状だから飲みやすい!ステラの贅沢青汁は従来品のように「作る手間」がなく、気軽に野菜不足解消が期待できます。ここでは効果を実感された方の口コミからお得情報まで総力特集記事になっています。

 

野菜不足解消の意識が高まっている!様々なかたちで展開される野菜不足のサポート商品

現代人の食生活で問題視されている野菜不足。

普段の食事で気をつけて入るものの、十分な野菜を摂っているかというと、多くの方が「不足」にあたるようです。

外食や自宅でのごはんに野菜サラダを1品追加するだけで、野菜不足解消の大きな一歩になるのですが、コンビニでも生野菜は割高だったり、つい一品プラスすることが面倒になってしまう・・・そんなことはありませんか?

「野菜が不足している」という意識はあるのになかなか普段の食事で実現できない!
そんな現代人が手軽に毎日の野菜不足を解消できるように、様々な商品が販売されています。

 

まず、青汁です。

野菜の栄養素をぎゅっと凝縮した青汁は、栄養価がとても高い反面、一昔前には罰ゲームに使われてしまうような「苦い」「青臭い」といった「まずい飲み物」の代名詞でもありました。

しかし現在は様々な改良が加えられ、素材を見直したり組み合わせる野菜やフルーツによってまるで野菜ジュースのように美味しく飲めるものが増えてきました。

すでにこのような青汁を利用して、野菜不足を補っている方も多いようです。
また、飲むタイプの青汁だけでなく、ゼリー状の食べるタイプの青汁やサプリになったものなど、より手軽に青汁の栄養価を取り入れられるような商品も多く販売されています。

野菜といえば青汁!は昔も今も変わらずあるようですが、以前に比べて格段と摂取しやすくなったのがポイントですね。

 

そして、野菜で摂取する栄養成分のサプリメントも多数販売されています。

各種ビタミンのサプリメントや、ミネラル、鉄、食物繊維のサプリメントも登場しています。

マルチビタミンのように、様々な栄養素を合わせたサプリメントも。
薬局やドラッグストア、コンビニを始め、サプリ専門のショップなどもあり、購入も容易です。

自分自身が不足していると感じる栄養素を取り入れたり、健康をサポートするもの、美肌や美容をサポートするものなど、気になる症状に合わせて選べるようにもなっているので、わかりやすく取り入れやすいものかもしれません。

サプリはあくまでも「普段の食事をサポートする」ことを目的としているため、これですべての栄養素をカバーしようという使い方は難しいですが、普段野菜不足を感じている方にとっては、手軽に野菜の持つ栄養素を取り入れるアイテムとして活用されています。

錠剤や粉状のものだけでなく、デザートのように食べるタイプやドリンクタイプのものなど形状も様々で、ひとりひとりが「続けやすい」ものを見つけることができます。

 

もっと身近な存在に野菜ジュースもあります。

コンビニなどでも飲みきりサイズのパックで販売されており、ジュースの代わりに野菜ジュースを選ぶことで野菜不足を少しでも補おうとする方が増えています。

また、さらに栄養価が高く、野菜不足をしっかり解消できる野菜ジュースとして、通販限定で様々なメーカーが販売しているものもあります。

青汁よりも飲みやすいイメージがあり、フルーツなどで飲みやすくしてあるものが多いので、子供の野菜不足解消にもよく利用されています。

野菜の栄養価だけでなく、組み合わせる野菜やフルーツの種類を変えて、季節感を出したりプラスアルファの効果を得られるようにしたりと、味や栄養にバリエーションがあるのも魅力です。

家庭用のミキサーを利用して毎日ご自身の配合で作って飲んでいる、という方も増えており、家電量販店では手入れのしやすいものや手軽に1杯分を作れるサイズのものなど様々な用途に合わせたミキサーも販売されています。

 

そして、野菜ジュースに台頭して若い世代で人気を集めているのがスムージーです。

ジュースよりもぽってりとした雰囲気のスムージーは、デザート感覚で飲めるのも魅力です。
野菜の配合によって可愛らしい色に仕上がるものも多く、街中にスムージー専門店などを見かけるようにもなりました。

野菜不足解消というよりは、美容効果を押し出しているものも多く(そもそも野菜の栄養を摂取することが美容に良いですよね)、特に女性を中心に人気が高まっています。

ダイエット時の置き換え食としてもスムージーが活躍しており、モデルやタレントが愛飲していることも人気に拍車をかけているのかもしれません。

その他、インターネットの普及により多くの企業や農家、料理家さん、また一般家庭の方が野菜をメインにしたレシピを沢山紹介しています。

料理したい野菜の名前を検索すれば、様々なれレシピを瞬時に知ることができ、多めに買ってしまった野菜も最後まで食べ切れる工夫ができるようになりました。

中には野菜と豆腐やおからを使用したハンバーグや、野菜のみで作る餃子など、通常お肉を使用するレシピを野菜で代用し、積極的に野菜をメインとして食べようというレシピも増えています。

現代人の野菜不足の解消を目的としたレシピがたくさん生まれており、次々と野菜をメインとしたレシピ本も発行され人気を集めています。

 

このように野菜不足に関する現代人の意識は高まっていますが、実際に「毎日きちんと野菜を十分に摂取しているか」という視点で見ると、なかなか実現できていないというのが実情のようです。

今日は野菜をたくさん食べた!ではなく、今日「も」野菜をたくさん食べた!と言えるような生活はなかなか簡単には行かないようです。

野菜不足が影響で起こる様々な症状は、何が原因で起こるの?

野菜不足の影響で体がどのような不調を引き起こすのか。

一言で野菜不足というものの実際には何が原因で起こってしまうのか。
具体的に見ていきます。

 

まず、野菜不足は体が必要とするビタミン類の不足につながります。
ビタミンA、C、E、カルシウム、鉄、食物繊維・・・健康維持に必要な栄養素が野菜にはたくさん含まれているのです。

カルシウムなら牛乳、鉄分ならレバー、と補給に代表的な食材は野菜以外にも挙がりますが、実はこれらで全てを補おうとするとカロリー過多になり肥満や生活習慣病につながってしまうことがあります。

その点、野菜はこれらの栄養を豊富に持ちながらも、ローカロリーで体に負荷をかけません。
ビタミンを始めとする栄養は、野菜から摂取し補うことで、健康的にかつ効率的に取り入れることができるのです。

また、食物繊維は便秘を解消し腸内を綺麗にするためにも欠かせないもの。

老廃物を体に溜め込んでいる状態の便秘は、肌荒れにもつながり美容面にも不調をきたします。
イモ類やゴボウなどの根菜は食物繊維を多く含み、腸内環境を整えるために有効な食材と言われています。

野菜以外からは十分に摂取しにくいものなので、この点でも野菜の摂取が望ましいといえます。

 

野菜不足は血流にも影響し、ドロドロとした不健康な血液になり高血圧や動脈硬化という恐ろしい病気につながることも。

血液の流れを妨げる動脈硬化は、生命に関わる事態につながりかねません。

油の多いものなど脂質が多い食事を食べることが多いという方は特に注意が必要です。

食事に野菜を多く取り入れることによって、このような血液に関する不調を引き起こしにくくなりますし、野菜の摂取によって肉類や油が多いおかずの摂取が減少すれば、肥満の改善にも役立つでしょう。

さらに、血液中の鉄が不足すると貧血になりやすくなります。

女性に多い貧血の症状は、鉄の不足が大きな原因です。
特に妊娠中の方は、検診で貧血の検査があるように、鉄をしっかりと摂取するようすすめられます。

赤ちゃんの血液を作るためにも鉄が必要となるため、自分自身の鉄を取られてしまい貧血になりやすくなってしまうのです。

血液という体の重要な要素を健康に保つために野菜は欠かせません。
また、健康な肌づくりにも欠かせないビタミンCは、免疫機能に大きく影響するため、不足すると風邪を引きやすくなってしまうことがあります。

一度にたくさん摂取しても、体が蓄積できる量が限られており、過剰に摂取した分は大概に排出されてしまうため、日々きちんと補う必要があるというビタミンの一つです。

野菜ばかりを摂取すれば健康、というわけではありません。
お米や肉類なども、体に必要な栄養をもつ食材です。
ただ、食事のバランスとしてどうしても野菜が少なくなってしまい、体が必要とする栄養素が不足してしまう・・・これが「野菜不足」と言われています。

 

現代人は肉類や揚げ物など油ものの食事が増える傾向にあり、高カロリー・高タンパクな食事が生活習慣病を引き起こしています。

カロリーが高いものは美味しく感じてしまいますよね。

食事だけでなくケーキなどのお菓子やデザートも高カロリー食品なので、食事だけでなく間食にも脂質の摂取が増え、相対的に野菜の摂取が不足してしまいます。

メインや嗜好食品にばかり比重が偏り、野菜の出番が少なくなってしまったことが野菜不足に拍車をかけているのかもしれません。

一年を通して比較的価格が変わらない肉類に比べ、天候などによって影響を受けやすい野菜は、外食産業では使いづらい食材という点も、野菜不足に影響しているでしょう。

また、子供の頃から欧米化の食事に慣れ親しんでいると、野菜の味はもちろん野菜をしっかり食べるということ自体に馴染みがないというケースも少なくありません。

野菜を使用したデザートやお菓子も増えてきていますが、野菜本来の味では足りなく感じてしまう現代人の味覚に合わせて、糖分などが多く含まれている場合があります。

現代人は野菜の自然な甘みや旨味を知らない・感じられる味覚が薄れてきている・・・そんな見解もあるほどです。

 

しかし、健康的な体を維持するためには野菜不足はぜひ解消したいものです。
年齢を重ねるに連れて体内で減少してしまう成分なども多く、これらを食によって補っていかなければなりません。

様々な病気の原因にもなりかねない野菜不足は、大人だけでなく子供も同じです。
障害を通して積極的な摂取が望ましい野菜。

野菜をしっかり補うために、今一度食生活を見直してみてはいかがでしょうか。

 

野菜不足は大人だけでなく子供も!これから母になる妊婦さんも、野菜不足が深刻です

野菜不足が懸念されるのは大人に限ったことではありません。
むしろ子供も野菜不足が深刻だといえるでしょう。

前述の通り、肉類や油を多く使った料理が増えてきている現代、生まれたときからそのような食事をしている子どもたちにとっては野菜そのものに馴染みがうすいというケースも少なくありません。

また、大人が野菜を積極的に食べる習慣がないと、自然と子供も野菜を食べる機会を失ってしまいます。

幼稚園や小学校など、給食はバランスのよい食事を出してくれるから家では好きなものを・・・では、一日の食事バランスとしてみると「バランスの悪い食生活」になってしまいます。

カロリーの高いものはやはり美味しいと感じてしまいがちですから、苦味や独特の香りがある野菜を苦手と感じる子供も多いでしょう。

自分自身を振り返ってみても、ピーマンが苦くてきらいだったな、ニンジンは色はきれいだけど味が苦手だった等、野菜を敬遠していたという経験があるのではないでしょうか。

すりおろしたり、可愛く見せたり、まずは子供が野菜を食べようと思える意識づくりからスタートする家庭も多いでしょう。

しかし、どうやっても食べてくれないこともあります。

大人の自分でも嫌いなものはあるし、嫌がるものを無理やり食べさせるのも・・・と野菜を食べさせることを諦めてしまうということも珍しくないようです。

しかし、野菜には体の機能を維持するために必要な栄養素が豊富に含まれており、成長期の子供にこそしっかりと食べてもらいたい食材です。

また、子供の頃から野菜を食べる習慣をつけることによって、大人になっても健康的な体を維持する味覚や食生活が身につきます。

野菜を食べていないけれど他のものはよく食べるから・・・と食事の量だけを見ていては危険です。

食事量が足りていても、栄養が不足してしまうと栄養失調にかかってしまうからです。

これによって、身長や体重が伸び悩んだり、体重だけが増え続けたり、場合によっては神経や脳の発達に影響を及ぼすということもあると言われています。

さらに、以前は子供に起こる症状ではなかった便秘や貧血なども、野菜不足によって起こるようになってきています。

大人が食事をサポートする幼児期には、ぜひ野菜を中心とした離乳食などを利用して、野菜を食べる・取り入れる習慣をつけていきましょう。

とくに体の発達が著しい幼児は、野菜の栄養は必要不可欠です。
子供の頃から野菜の味を知ることで、成長しても自然と野菜を食べられるようになります。

 

さらに、発育が著しい中学生の子供も、野菜不足が懸念されます。
体の発達に必要な栄養が野菜不足によって不足し、多感な時期にストレスがかかってしまうことも少なくありません。

特に、学業や部活、友人との付き合いで忙しくなりはじめ、夜更かしをして朝ごはんを抜く、夜ご飯が遅くなるといった生活をしがちになるのもこの頃からです。

一日のエネルギー補給に大切な朝食を、すぐに食べられる菓子パンなどで済ませてしまうと、野菜不足に拍車がかかり、体の疲れが取れず午前の授業に力が入らないことも。

また、肥満やニキビなどの美容面にも影響するため、多感な時期に精神的な負担をかけることにもつながりかねません。

中学生といえばまだまだ自分で食事を選択することは少なく、家庭で用意される食事がメインとなる世代です。

大人が用意する食事が、子供の体づくりに大きく影響すると言っても過言ではありません。
ボリュームを重視する男の子に比べ、美容面が気になる女の子は「野菜を食べよう」と感じ始める年代でもあります。

肉料理にはたっぷり野菜の副菜を加えてボリュームを出す、カラフルな野菜や見た目にもきれいな盛り付けで野菜を食べたいと思わせる。

幼児期とはまた異なる工夫で野菜を使った料理が求められることになるでしょう。

食事を用意するだけでなく、料理の内容や調理方法、野菜が持つ栄養など、対話を通して野菜を摂取するよう促すことができるのもこの世代です。

食事に野菜を豊富に取り入れ、野菜を食べる習慣と健やかな体づくりに大人が協力してあげましょう。

 

そして、今妊婦さんの野菜不足も指摘されています。
妊娠すると食生活に関する指導がありますが、ここでも野菜を沢山摂取するように推奨されています。

健康な赤ちゃんを生むためにいつも以上に食事をとることになりますが、それがおかしやお肉、お米などに偏っては必要な栄養素を赤ちゃんに届けることができません。

さらに普段から野菜の栄養素が不足していると、赤ちゃんを大きくするためにその栄養が取られてしまい、母体の栄養が足りなくなってしまうことがあります。

先述の通り貧血を防ぐためにも鉄をしっかり摂らなければいけませんし、お腹が大きくなるに連れて便秘がちになってしまうことを解消するため、食物繊維を摂るのも意識的にしなければなりません。

赤ちゃんと自分、二人分の栄養素を効率的かつ十分に摂取することが求められます。

妊婦さんによい食事メニューや野菜をしっかりと取れるおかずなど様々なものが提案されているので、それらを参考に、自分と赤ちゃんのためにも野菜不足にならないよう注意して食事を摂ることが大切です。

青汁、サプリ・・・
野菜不足を補うアイテムは市販やコンビニよりも?

野菜不足が深刻な問題となっており、ひとりひとりの意識も高まっているとは言え、実際に野菜不足解消のために日々気をつけているという方は少ないようです。

しかし、野菜不足を補って体に必要な栄養素をしっかりと補給することを行動に移した方々は、「体の調子が以前より良い」と実感している方が多いのです。

毎日の食事で一日の必要量をバランスよく摂取するなんて面倒!気にはしているけれど仕事やおつきあいで実現するのは無理!そんな方におすすめなのが、青汁やサプリです。

先述の野菜不足解消アイテムでも紹介しましたが、青汁やサプリは、一日に必要な野菜の栄養素をしっかりと補うためにとても効率的です。

食事で野菜を取るように心がけていても、外食が続いたり目当ての野菜を手に入れることができなかったりすると、「食事だけで野菜不足を補う」のはなかなか難しいもの。
ここに青汁やサプリを取り入れることによって、効率的かつ簡単に野菜不足を補うことができるのです。

 

薬局やドラッグストア、スーパーやコンビニでも青汁や野菜の栄養素を考慮したサプリが多く販売されています。

このような市販品を利用している方も多いのではないでしょうか。

ただ、お店に行けないときやストックを切らしてしまうと、そこで継続飲用を止めてしまったり、せっかく補ってきたものをフイにしてしまいかねません。

そこで、今多くの方が活用しているのが通販による青汁やサプリの購入です。

楽天やAmazonなどのショッピングサイトでも様々んメーカーのものを取り扱っており、レビューなどを参考にしながら自分に合った青汁やサプリが選びやすくなりました。

お店に並んでいるものをパッケージの印象だけで購入するより、実際に使用している方の口コミなどが事前にチェックできるのは購入しやすいですよね。

まとめ買いをすれば送料が無料になったり、若干の割引があったりと、定価販売が多いコンビニ等の市販のものよりお得に購入することができます。

また、通販は24時間いつでも購入の手続きができ、自宅まで届けてくれるというのも便利です。

薬局やドラッグストアに行っても目当てのものが欠品してしまっていたら無駄足になりますし、そもそも買いに行くという手間自体が省けるのが通販の利点です。

 

野菜不足を補ってくれる青汁やサプリは、市販されていない通販限定で販売されている商品も多数存在します。

これらは市販品と同じような価格であったとしても、実店舗での販売が無い分、流通コストを原材料やよりよい商品を作るための研究費にあてられていることが多く、市販のものより効果が期待できます。

もちろんコスト削減によって商品自体の価格を下げた、というものもあるので、青汁やサプリは通販限定のものは是非チェックしておきたいですね。

 

通販限定商品だけをとっても様々なメーカーが青汁やサプリを開発していますが、とにかく「続けられる」ことを重要視しているので、味や形態にこだわったものが多いのが特徴です。

毎日負担なく飲み続けることができるか、外出が多い方は外でも摂取しやすい形態であるか、一日に何度摂取しなければならないのか・・・いろいろな視点から工夫されており、商品を検索すればするほど魅力的なものに出逢えます。

自分の好みの味や生活スタイルに合った飲み方ができるものを選べば、続けることも容易でしょう。

商品の多さに悩むこともありますが、実際に飲んだ方の口コミや、飲み比べた方が発信するランキングなども様々紹介されています。

そして通販限定の青汁やサプリの特徴は、多くの場合「定期購入」と呼ばれるサービスがあることです。

毎日摂取するものなので、注文忘れによるストック切れを起こすととたんに続けることが面倒になってしまったりしませんか?

一度注文申し込みをすれば、その後は都度注文する必要がなく、定期的に自宅に商品を発送してくれるのが、定期購入というサービスです。

多くの場合が1ヶ月単位で発送され、ストック切れを起こさないようしっかりと商品を届けてくれます。

飲み方や長期不在時などによって発送期間を変更したいという場合も柔軟に対応してくれるため、とても便利なサービスとして多くの方が利用しています。

この定期購入サービスはほとんどの場合メーカーの公式サイトでしか扱われていません。
Amazonや楽天などのショッピングサイトで購入する場合は、都度注文が必要になってしまいます。

メーカー公式サイトというと定価で購入になるのか・・・というイメージを持っていませんか?

実は多くの通販限定の青汁やサプリは、メーカーの公式サイトで購入するのが一番安く買える、というケースが多いのです。

通販限定の青汁やサプリをAmazonや楽天で見ても、あまり大幅な割引はなかったり、かなり大量にまとめて購入しないと割引がないな、と感じるのではないでしょうか。

商品によっては送料がかかったり、送料を無料にするために多めに注文したり他の商品も購入しなければならない、ということも発生します。

これらを見てから改めてメーカーの公式サイトを見てみると、お試し価格や大幅割引で購入できるキャンペーンや、先に紹介した定期購入による割引サービスがあるのです。

通販限定商品となると、はじめから通常価格で購入して試すことをためらう方も多いですよね。

自分に合うかどうかは、実際に飲んでみないとわかりません。

このような購入側の気持ちをくみ、メーカー公式サイトでは初回限定のお試し価格を設定したり、トライアルパックを販売したり、もしも効果を実感できなかったら・・・と商品の返金保証を付与していることがあります。

初めて青汁やサプリを飲んでみようという方が手に取りやすいサービスを充実させてくれているのが嬉しいですね。

なにより、メーカー公式サイトで購入するという商品への安心感があります。
これらは単純に商品の販売を行っている楽天やAmazonでは提供されていないサービスです。

さらに、野菜不足をきちんと補っていきたいと考える方に向けた定期購入は、毎回商品を割引

価格で購入できたり、送料が無料になったりとお得に続けられる特典が配慮されています。
プラスアルファのプレゼントが付いたりするものもメーカー公式サイトならでは。

青汁やサプリをこれから始めようという方は、是非メーカー公式サイトをチェックして、コスパの良い購入方法をチェックしてください。

まとめ<「毎日の」野菜不足を補うために>

体のエネルギーを得るためには、毎日の食事が欠かせません。

けれど、ただ単に食事を摂ればいい、ということではありません。

食事を通して体が必要とする栄養素を補給しているので、必要な栄養素が不足してしまうとやはり体は不調をきたします。

肥満や生活習慣病も、体が必要とする栄養素に偏りがあることが原因で起こるのです。
野菜は体の栄養を補給するためにとても優れた食材です。

ビタミン、ミネラル、カルシウム、鉄、食物繊維・・・お肉やお米、パンなどお腹を満たすカロリーの高いものでは補いきれない栄養素が野菜に含まれているのです。

体が必要とする栄養素が補給されないことで空腹感が満たされず、食事量が増え、肥満になってしまうということもあります。

栄養バランスの悪い食事はダイエットの大敵です。

ダイエットに野菜が良いと言われるのは、低カロリーで勝つ体が必要とする栄養素を豊富に含んでいるため、健康的な満腹感を得るためにも効果的だからです。

 

一食や一日で野菜をたくさん食べたから大丈夫、というわけではありません。
ビタミンなどの栄養素は体に蓄えられる量が決まっているものも多く、また一度に過剰に摂取することで逆に体に悪い影響を及ぼしてしまうこともあります。

日々のエネルギーを毎日の食事で補うように、野菜不足も毎日補わなければなりません。

食事メニューに気をつけていくのも大切ですが、なかなかすぐに変えることは困難です。
しかし、野菜不足を補っていかなければ、病気や肌荒れなどの原因を作ることになりかねません。

ぜひ、野菜不足を補う青汁やサプリなどを利用して、日々の野菜不足を解消していきましょう。

また、継続的に野菜不足のサポート役として青汁やサプリなどを利用する場合は、通販やメーカー公式サイトにある定期購入が便利です。

なくなるたびに購入しなければならないという負担が継続を妨げることにもなりかねないので、定期購入を申し込めば自然に続けることができるでしょう。

体の健康維持のために、野菜不足を解消していきましょう。

 

サイトデータ : 著者 / メン子 : カテゴリ / 野菜不足 : 記事コメント評価 / 4.8 : : 記事投稿コメント評価累計 / 519