舌苔は絶対に除去したい!原因がわかれば治し方もわかる!最新の情報

舌苔除去したい!気になる舌苔
みんなはどんなケアをしているの?

舌苔

 

「舌苔(ぜったい)」をご存知ですか?

誰しもが持つものであり、あって当然のものではあるのですが、人によっては舌苔が目立ったり、口臭などの原因として挙がることもあり、除去したいと感じている方も多いようです。

しかし、すべてを取り除くことは不可能ですし、無理な除去は舌を傷つける原因にもなってしまいます。

舌苔が原因で起こる症状はあるのか?どのように除去すべきなのか?そもそも舌苔とは?
舌苔が気になる方に向けた情報をまとめました。

 

Check! 「BITAN(ビタン)」舌磨きジェル登場!

【BITAN「ビタン」舌磨きジェル】舌苔除去の新常識。最新口コミ
【BITAN(ビタン)】舌磨きジェルがやさしく舌苔除去!歯磨きのついでに歯ブラシで舌の汚れを落とすのは実はNG。ここではビタンでしっかり「舌磨き」して効果を実感した方の口コミからお得情報を網羅。NG方法だと逆に舌苔がつきやすくなってしまうんです…←解決方法公開

 

舌苔とは?舌苔ができる原因にはこんなものがあります

舌苔の原因

舌苔は、舌に苔が生えたように見えているものを言います。

細胞が剥がれ落ちたり、食事によって食べかすが舌の上に残り細菌が繁殖してあらわれるものです。

通常舌苔は白色に見えるますが、口内の衛生状態、喫煙コーヒーなど色の強いものの摂取が多いなどの生活習慣・食習慣によって黄色や茶黄色などの色に見えることもあります。

人に向かって舌を見せることは少ないでしょうが、会話や食事の際にちらりと見える舌が真っ白だったりしたら「あれ?」と感じてしまうかもしれません。

舌はきれいなピンク色、というイメージが強いからこそ、舌苔が気になるという方は多いようです。

舌苔が原因で口を開けることに抵抗を覚え、人との会話に支障をきたすと言うほど悩んでいる方も少なくありません。

舌苔ができる原因を知って、舌苔が異常についてしまっている状態を防ぎましょう。

 

・ドライマウス

舌苔の原因としてドライマウスがよく言われています。

口臭の原因とも言われている口呼吸は、口内の唾液を減少させて乾燥状態=ドライマウスを引き起こします。

唾液は口内の殺菌のために必要不可欠なものです。

舌苔の原因として細菌の繁殖が挙げられているように、ドライマウスによって口内の細菌が殺菌されないと、舌苔を増やすことにつながってしまいます。

口内の細菌が繁殖することは、舌苔を増やすだけでなく口臭の原因にもなるので、ドライマウスは意識的に改善することが望まれます。
風邪や慢性的な鼻炎によって鼻呼吸がうまくできないと、必然的に口呼吸になり、ドライマウスになりがちです。

また、子供の頃に鼻水をきちんと処理してあげないと、口呼吸の癖がついてしまい、大人になっても口呼吸をしてドライマウスになってしまうことがあります。

 

人間はそもそも鼻呼吸を主とするため、口呼吸が癖になっている人でも、意識的に口呼吸をしないようにすることで、自然と鼻呼吸へと切り替えていくことが可能です。

ドライマウスの予防・対策としては、こまめな水分補給が効果的です。
口内の乾燥を防ぐとともに、殺菌作用として重要な唾液分泌を促してくれます。

ただし、コーヒー・緑茶など利尿作用があるものは水分の排出につながってしまいますし、

ビールやカクテルなどアルコール類はそもそも口内を乾燥させドライマウスを助長してしまいます。

水分補給には水がおすすめです。

その他、舌や顎を動かす口の体操をすることで唾液腺が刺激され唾液の分泌が促され、ドライマウスの予防になります。

 

・ストレス

舌苔ができる原因として、免疫力の低下も挙げられます。

風邪等による体調不良時はもちろん、年齢を重ねることによっても体の免疫力は低下していきますので、体の健康状態を維持する食生活や適度な運動は舌苔の対策として有効であるといえます。

さらに、現代において深刻な悩みともなっている睡眠不足や、偏食暴飲暴食によっても免疫力は低下すると言われていますので、思い当たる方は生活習慣の改善も必要になるでしょう。

女性に多い冷え性など、体の冷えも免疫力が低下する要因と言われています。

そして、これら身体的・物理的な要因の他にも免疫力を低下させる原因としてあげられるのが「ストレス」です。

 

ストレスが免疫力の低下につながるというイメージはあまりないかもしれません。

 

しかし、ストレスが体に及ぼす影響は大きく、例えばストレスによって胃腸が弱るといった症状も免疫力低下が原因の一つです。

ストレスをためない生活を心がけること、ストレスを感じた場合はこれを発散することを実行すること。

身ともに健康状態を保つことが、舌苔を防ぐことにつながります。

 

・酸性の食事

通常、口内は唾液の働きによって中性が保たれています。

しかし、食事の内容によって口内が酸性に傾くと、虫歯菌や歯周病菌とともに舌苔の菌も繁殖してしまうのです。

ここでいう酸性の食事とは、口に入れた時・口の中にある時に口内が酸性になるものを言います。

砂糖果物お酢などが口の中を酸性化するものと言われていますが、通常であれば唾液がこれを中和し、口内の状態は保たれています。

 

ただ、先に紹介したドライマウスによって唾液の分泌が少なかったり、すでにできてしまった舌苔にケーキやお菓子などの柔らかい食べ物に含まれる砂糖が舌に付着し残り続けることによって、口内が酸性のまま長時間すごすことになってしまいます。

 

これが舌苔の菌を繁殖させ、舌苔の増加につながってしまいます。

 

普段の生活の中で少し気をつけるだけで防ぐことができる舌苔。

舌苔の除去・予防のためには、まず日々の習慣を見直してみてください。
また、舌苔の原因として遺伝が懸念されることがあります。

両親の舌が白いから、自分も舌苔が多いのではないだろうか・・・と考える方も少なくありません。

舌苔が遺伝する可能性は0ではありませんが、非常に稀であると言われています。
先述の通り、呼吸や普段の生活や食事によって舌苔ができてしまうということの方が圧倒的に多く、自らの生活習慣を振り返って改善することが有効であると考えられています。

 

また、舌苔ができたことによって性病を心配する方も少なくありません。
オーラルセックスによって性病の原因となる細菌が口内に感染することがあります。
しかし、この細菌自体は病原性が弱く、これが原因で舌苔が増えたとは言い難い面があります。

性病に関する細菌が原因で舌苔ができた場合、うがい薬や塗り薬による治療が効果的と言われているため、自己判断で舌苔の除去を行うと痛みや出血を伴うことがあり、症状を悪化させてしまう事があるので注意が必要です。

この細菌が原因で舌苔ができてしまったという可能性がある場合は、病院での診察によって適切な治療を行うようにしましょう。

 

 

舌苔がとれない・・・見た目にも白い舌が気になる

白い舌苔がとれない・気になる理由

舌苔がとれないと、舌が白いままで見た目にも気になるという方が多いのではないでしょうか。

舌苔には様々な状態がありますが、見た目だけでなく口臭などデリケートな問題にもつながりかねないことがあります。

なかなか人と比べる事ができないものですが、明らかに普段と違うようであればケアを考える必要がありそうです。

また、舌苔は見た目だけでなく、上顎に舌が当たる際の感触にも変化を起こすことがあります。
舌の表面がざらざらしていたり、かたくなっているような感触は、舌苔の蓄積が原因であることもあります。

 

舌苔は食べかすや剥がれ落ちた細胞が付着したものであり、これが口臭の原因ともなる臭いを発生させる原因となるのは想像に難くありません。

生活習慣や食生活によって舌苔がつきやすい状態が改善しなかったり、喫煙などによって黄色に変色することによってますます目立つ存在になってしまうこともあります。

敏感な方であれば、舌苔の臭いを自分自身で感じるという方もいます。

舌苔のできる位置はだいたい舌を出して見える範囲ですが、奥の方にできることもあり、ケアがし難いものもあります。

舌苔は誰しもにあるものですが、あまりに過剰であると見た目だけでない症状につながってしまいます。

 

舌先の方に舌苔が多かったり、会話や声楽など口を開ける機会が多い方にとっては、舌苔の状態が大きな悩みであるようです。

蓄積汚れや細菌であることから、1回のケアですぐに改善させることが難しく、「すぐにきれいにしたい」という気持ちから無理なケアをして舌を傷つけてしまい、結果的に舌苔の改善に時間をかけてしまった・・・という方もいます。

 

以前は気にならなかったのに、突然舌苔が気になり始めるということも少なくありません。
年代問わず生活環境が変わったり、食生活に変化が起こると、先述の原因によって舌苔が目立つようになります。

思春期成長期子供などもこれに当てはまり、口内を清潔に保っていたとしても舌苔が増えてしまうということがあります。

成人して飲酒喫煙をはじめた(喫煙はドライマウスの原因です)ことでも舌苔が増えることがあります。

過剰な舌苔ができてしまうと、そこに舌苔の原因となる食べかすなどがより付着しやすくなるので、どんどん増えてしまいさらなる舌苔の蓄積を招きます。
舌苔の改善にはまず舌苔が蓄積しにくい口内環境、健康的な体づくりが重要と言えるでしょう。

 

また、大きな環境の変化がなくとも、例えば年末年始の普段とは異なる食生活など短期間の変化でも舌苔が増えることがあります。
舌苔は誰にでもあるものなので極端に悩む必要はありませんが、気にし始めた人にとってはとても大きな悩みです。
日常生活に支障を及ぼすようなことにならないよう、原因と対策を知り改善に向けて取り組んでいきましょう。

 

 

舌苔は授乳中の子供にもできる?

舌苔が赤ちゃんや子供・中学生でもつく理由

舌苔ができるのは大人だけではありません。

おっぱいや粉ミルクしか飲んでいない赤ちゃんにもできることがあります。

大人でもそうですが、牛乳を飲むと舌が白くなるという経験はありませんか?

赤ちゃんも同様で、おっぱいや粉ミルクを飲むことによって、舌のシワ・おうとつにこれらが入り込んだり付着することで白く見えることがあります。

赤ちゃんはまだ歯磨きをしたり口をすすぐことをしないので、舌に付着したままとなり、汚れが残りやすいのです。

通常は唾液によって自然にきれいになりますが、ずっと下が白いまま・・・という場合は、舌苔となって汚れが溜まりやすくなっているので、濡らしたガーゼなので拭き取ってあげると良いでしょう。

 

乾いた布や力を入れてこすり取ると舌を傷つける原因にもなるので注意が必要です。

 

赤ちゃんであっても舌苔が口臭の原因になることがあります。

ただ単におっぱいや粉ミルクを飲む機会が多いからというだけではなく、自分自身で鼻をかむ事ができない赤ちゃんは、鼻づまりによって口呼吸になり、ドライマウスが原因で舌苔ができることもあります。

また、溶連菌感染症など病気が疑われるケースもあるので、舌苔のケアだけでなく、舌の状態をチェックしてあげるのは大切です。

 

そして、子供が口臭を気にし始める時期としてよく言われているのが中学生頃です。

思春期を迎え、心身ともに大きな変化を迎える中学生の年代は、成長ホルモンなどの分泌によりホルモンバランスが崩れてしまいます。

これによって口内を殺菌するために必要な唾液の分泌が減少してしまったり、心身の変化に伴うストレスが原因となって舌苔ができやすい状態になるのです。

感受性豊かになり、特に早熟である女の子は、舌苔が気になりだしたり、口臭というにおいに悩んだりすることも少なくありません。

急激な体の変化に戸惑い、またデリケートな問題であることから、なかなか周りに相談できないというケースも多く、舌苔や口臭のせいで人と話す・関わることを避けるようになってしまうこともあるようです。

 

しかし、無理やり舌苔を除去しようとするのは、舌を傷つけることにもつながりかねないので危険です。

 

正しい舌苔の知識・ケアができるよう、さり気なく大人が教えてあげられると良いですね。

中学生頃の舌苔は、先述の通りホルモンバランスの変化という体の成長に伴って起こるものが多く、予防が難しいと言われています。

歯磨きを丁寧に行っても、舌苔があることで口臭が解決できない・・・ということも多いようです。

もちろん歯磨きも重要ですが、このような状態が一時的なものであること、またこれを気にしすぎてストレスになってしまうと余計に舌苔を蓄積させることにもつながってしまうので、「体がおとなになろうとしているんだ」と自然に受け止めることが大切です。

また、この年代の舌苔の原因としてもドライマウスが挙げられます。
幼い頃からの癖でなくとも、花粉症や鼻炎などをきっかけに口呼吸の癖がついてしまうことがあります。

一度癖がついてしまうと大人になるにつれどんどん改善することが難しくなってしまうため、この時期は特に注意して口呼吸の癖がついてしまわないようにしてください。

 

 

舌苔は病気のきっかけ・予兆であることも

舌苔が胃腸の病気の原因になるかもしれない理由とは

誰しもがある舌苔ですが、明らかに舌が真っ白であったり、舌苔が多いままである場合は、病気の可能性も視野に入れましょう。

舌は体の健康状態を表す部位でもあります。
歯磨きの際などに舌をチェックする習慣をつけてみてくださいね。

 

・誤嚥

舌苔には細菌が含まれており、これが舌以外の場所に移ることで病気を引き起こすことがあります。

急いで食事をしたときなどに、誤って気管に食べ物が入りそうになりむせてしまった・・・ということはありませんか?

通常は体の反射機能によってすぐに気管から食べ物を排出しようとしますが、高齢になるとこの反射機能が衰え、舌苔の細菌が肺に入り込んでしまうことがあります。

これが誤嚥性肺炎を引き起こすことがあるため、過剰な舌苔はきちんとケアしておくことが予防につながります。

 

・胃腸

舌苔の原因として、免疫力の低下が挙げられていたように、「舌苔が目立つようになった=免疫力が低下している」と捉えることができます。

風邪などによる免疫力低下が胃腸消化不良などにつながることもありますが、この胃腸に関しては「ストレス」も大きな原因です。

ストレスが溜まると胃腸の調子が悪くなるというのは実際にありえることで、これによって口内の唾液が減少し、口内の殺菌機能が低下して舌苔が増えるということがあります。

舌苔が目立つようになったら、胃腸の調子やストレスを溜め込んでいないか、と言った症状を気をつけてみてください。

 

・感染症にかかりやすくなる

舌苔が目立つようになると、そこに食べ物のかすや細菌が付着し蓄積しやすくなります。
細菌の温床となっている状態です。

ここに病原菌が付着し停滞することによって、経口感染症にかかりやすくなると言われています。

先述の誤嚥による肺炎につながることもあるので、過剰な舌苔は病気を呼び込む原因になるという点にも注意しましょう。

 

・味覚

舌苔が蓄積すると、味覚を感じる機能がある舌が舌苔によってカバーされてしまったような状態になり、食べ物の味をしっかりと感じられなくなってしまうことがあります。

味覚に影響するほどに舌苔が蓄積することはあまり多い事例ではありませんが、味覚に異常を感じたら、舌苔の様子もチェックしてみてください。


 

舌苔を放置することによって病気を発症することは稀ではありません。

舌の状態をチェックすることは、気軽な健康チェックになりますので、ぜひ実施してみてください。

また、牛乳を飲んだあと、コーヒーやみかんを食べたあとなど、舌苔にこれらが付着して一時的に異常に白くなったり黄色や茶黄色に見えることがあります。

これらは歯磨きや唾液の殺菌作用によって自然に解消していきますし、舌苔の対策グッズなどを使用すれば簡単にケアできますので、必要以上に気にしなくても大丈夫です。

「最近ずっと舌苔が目立つ気がする」「周りと比較して異常に舌が白い状態が続いている」といった場合には、上記のような体の不調を疑ってみましょう。

また、舌苔のケアに関しては口腔外科や歯科でも相談にのってくれますので、気軽に受診してみましょう。

 

 

舌苔除去の対策に有効なのは?セルフケアもできる?

舌苔除去方法

舌苔は無理に全てを除去する必要はありません。
一日三度の食事に加え、間食などをとっていると、自然と食べかすが舌苔に付着してしまいます。

医師の見解でも、「舌苔は無理に取ろうとせず、気にしなければ問題ない」とありますが、見た目にもかなり白く気になる!という場合は、どうしても取りたいと考えてしまうのではないでしょうか。

また、ドライマウスや歯磨きなどによる口内を清潔に保つケアを行っていない場合などは、過剰に舌苔が付着した状態になってしまうことがあります。

これは、先述の通り病気を引き起こすきっかけにもなりかねないため、除去対策を考えてみましょう。

 

舌苔のケアにおいて最も重要なことは、口内を清潔に保つこと、強くこすり取るなどの無理な力を加えないことです。

 

あまりに神経質になって舌苔を取ろうとすると、ついつい力が入ってしまい結果舌を傷つけてしまうことも。

まずは正しいケアを知りましょう。

たとえ舌そのものを磨くことをしなくとも、歯磨きやマウスウォッシュは口内を清潔に保つという点で有効です。

食事や間食、喫煙など、口内に汚れや臭いがつくような行為のあとに、洗浄する習慣をつけるようにしてください。

舌苔のとり方として、赤ちゃんの舌苔をケアする方法として紹介した「濡れたガーゼでやさしく撫でるように取り除く」は有効です。
(濡らした綿棒でも代用可能です。)

常に湿っている口内で、乾燥したものを使用して舌苔を取り除こうとすると、摩擦が強くなり舌に負担をかけてしまいます。

湿らせたものを使用するという点にも気をつけておきましょう。

過剰な舌苔を軽く除去するだけで、唾液の殺菌作用によって自然と舌苔の状態が落ち着いてきます。
そもそも「全ての舌苔を取り除くことはできない」ということを念頭に置いてケアを行いましょう。

また、一度にきれいにすることを考えすぎず、上記の方法で除去できる分だけを取り除くだけでも改善効果が期待できます。

 

 

舌苔のケアグッズを使わなくても除去できる?はちみつやウエットティッシュでも舌苔をキレイに

舌苔はちみつウェットティシュで取る方法

舌苔を除去するケアグッズも多く販売されていますし、身近なものでもケアが可能です。
また、ケアグッズと言っても、直接舌苔を取り除くというものから、舌苔の原因を改善するというものまで様々なものがあります。

病院に相談するほどでもない、まずはできることを試してみたい・・・そんな方はぜひ参考にしてみてください。

セルフケアを行うにあたり、グッズなどを使用することでより効果的に、舌を傷つけることなくきれいにすることが可能になります。

 

・はちみつ

はちみつの中にはタンパク質を溶かすプロテアーゼという成分が含まれています。

これが舌苔を溶かして除去してくれる働きがあると言われています。

少量のはちみつ(小さじ1程度)を舌の上で転がすように2分ほど口に含んだあと、口をすすぎます。

舌苔の状態により効果に個人差があるため、口に含んでいる時間を長め・短めに調節しながら舌苔の様子を見てみてください。

ただし、乳児にはこの方法は使用できません。

厚生労働省の離乳食に関する資料においても、「はちみつは乳児ボツリヌス症予防のため満1歳まで使わない」とされているように、はちみつを乳児に与えると病気を発症する恐れがあります。

はちみつに含まれるボツリヌス菌はとても少ないので、大人は食べても病気を発症することはありませんが、赤ちゃんは免疫力が低く、ボツリヌス菌が繁殖しやすい環境がであるため発症の可能性がぐんと高くなります。

口に含んで数分間口内にとどめて置かなければならないというケア方法でもあるので、これができる年齢に達している方が行う方法の一つとして試してみてください。

 

・ウェットティッシュ

濡れたガーゼの代用になります。
ただし、ウェットティッシュによってはアルコールが含まれているものなどがあり、直接舌に使用するには適さないものもあるため、使用する種類に注意が必要です。

特に口に入れないようにしましょうという注意書きがあるものは、使用しないでください。
低刺激性のものや赤ちゃん用のものなどを選ぶと、比較的安全に使用できるものが多いようです。

これらのウェットティッシュはティッシュ自体も柔らかく肌に刺激を与えにくいものを使用しているため、舌に使用するものとしても適当といえます。

また、使い捨て可能なウェットティッシュは、ガーゼと異なり洗う手間や毎回清潔なものを使用できるという点で、気軽に舌苔のケアが可能です。

舌苔ケアグッズの毎回のお手入れが面倒、ちゃんと殺菌できているか心配、という方にもこのような使い捨てでケアできるものは手軽で便利です。

舌苔を拭き取る時は、力を入れずやさしく撫でるように拭き取ってください。

 

・漢方薬

舌苔を直接的に除去するのではなく、舌苔の原因となっている症状の改善に用いられます。

ドライマウスや冷え性、免疫力の低下など、舌苔が付着しやすくなっている原因を改善することで舌苔をケアします。

先の2つの方法とは異なり即効性はありませんが、舌苔を根本から解決したいと考えている方にはおすすめです。

舌苔の原因となっている症状がはっきりしていれば、薬局ドラッグストアなどで市販されている漢方薬を用いても良いですし、漢方薬をはじめて使用するという方は病院で処方してもらうと安心でしょう。

漢方薬は副作用が少ないことでも知られており、自然の生薬を使用しているので体への負担が少ないのも魅力です。

病原菌を直接退治する、というものではなく、体の持つパワーそのものを高め、体の力で病原菌や不調を改善するという効果があるため、健康を促進する薬としても重宝されています。

風邪などの際に処方される薬と異なり、漢方薬は食前に飲むことが多いので、使用する漢方薬の用法・用量を必ず確認し、最も効果を得られる服用を行ってください。

舌苔の原因となる症状は、生活習慣や食生活の改善で叶う場合もあります。

しかし、実際にすぐに実行することは難しい・・・という方も多いのではないでしょうか。

生活改善を試みつつ、まずすぐに始められる漢方薬の手助けを借りることで、効率的に・スピーディに舌苔が気になりにくい状態をつくることができそうです。

 

・<NGケア>爪・指・歯ブラシ

今すぐに舌苔を取り除きたい!と考えている方は、爪や指、歯ブラシなどでこすり落とそうとしてしまいがちです。

実際にこすって見たことがあるという方は「簡単に取れた!」と実感している方も少なくないのですが、知らず知らずのうちに舌を傷つけ舌苔の悪化や傷口からの細菌侵入によりほかの病気を発症する危険性が高く、舌苔のケアとしてはおすすめできません。

 

鋭利なものや力が入りやすいもので舌苔をこすり取ることは、絶対に避けましょう。

 

また、繊維の固い・荒いタオルは、濡らしても舌に負担をかけてしまうことがあります。
先述の通り、布製品での除去を行う場合は、ガーゼやウェットティッシュなど刺激の少ない優しい生地を使用するよう注意してください。

 

 

舌苔のためのケアグッズ「舌磨きジェル」

舌歯磨き粉

舌苔のケアグッズとして、100均で舌みがき専用ブラシなどが販売されていますが、ものによってはデリケートな舌の組織を痛めてしまい、かえって舌苔を悪化させてしまうことがあります。

かと言って高価なものであればよいのか、というと、使い方次第で同様に舌を痛めてしまうことがあるので、自分に合ったものを選ぶのが難しいという声があります。

また、薬局やドラッグストア、コンビニなどに舌苔ケアのタブレットが置かれていますが、タブレットはお腹がゆるくなることがあり、摂取し続けるのが難しいという方も多いようです。

Amazonや楽天など大手通販サイトでも、様々な舌苔ケアグッズを取り扱っています。
多くのメーカーがグッズを作っており、レビューも多いことから、舌苔に悩む方の多さを実感できます。

 

どのグッズにおいてもしっかりと使用方法を確認して使用することが重要です。
使用方法を誤ると舌を傷つけることにもなりますので、注意して使用しましょう。

また、舌苔は食べかすや細菌が蓄積しているものですから、それぞれのケアグッズを使用した際は、そのグッズを清潔に保つことが必須です。

 

その他、安心安全に舌苔を除去できるよう開発された「舌磨きジェル」も注目のグッズです。

 

通常の歯磨き粉での舌苔除去は避けたほうが良いと言われていますが(そもそも舌をきれいにするためのものではないため)、舌歯磨き粉であれば気軽に舌苔ケアを行うことが期待できます。

 

【BITAN「ビタン」舌磨きジェル】舌苔除去の新常識。最新口コミ
【BITAN(ビタン)】舌磨きジェルがやさしく舌苔除去!歯磨きのついでに歯ブラシで舌の汚れを落とすのは実はNG。ここではビタンでしっかり「舌磨き」して効果を実感した方の口コミからお得情報を網羅。NG方法だと逆に舌苔がつきやすくなってしまうんです…←解決方法公開

 

まとめ<舌苔除去は正しい方法で>

見た目が気になるだけでなく、口臭や病気の原因にもなりかねない舌苔。
誰にでもあるものとはいえ、気になったらケアしたくなってしまいますよね。

舌苔を改善するためには、まずその原因を探り根本的な改善を試みることが大切です。
その上で、物理的な除去・・・ウェットティッシュでのふきとりや舌歯磨き粉を利用したケアを併用して効果的に除去します。

口内を清潔に保ち、健康的な舌を維持していきましょう。

 

関連記事 【BITAN「ビタン」舌磨きジェル】舌苔除去の新常識。最新口コミ

 

サイトデータ : 著者 / メン子 : カテゴリ / 舌苔 取り方 : 記事コメント評価 / 4.8 : : 記事投稿コメント評価累計 / 437